全学ネットワークシステム
ユーザ支援WEBサイト
TOP マニュアル一覧 レンタルサーバ レンタルサーバ利用申請時の注意事項

利用マニュアル

申請

Webサービス

グループウェア

ネットワーク

遠隔講義・会議

レンタルサーバ利用申請時の注意事項

レンタルサーバ利用サービスを申請する際は、以下の点をご確認の上、申請を行ってください。


1.新しくWebサイトのURLを申請する際の制限事項

URLは、https://○○○.ws.hosei.ac.jp となります。

○○○の部分を、ご希望の名前で設定できます。
ただし、学内でユニークな名前でなくてはなりません。

(1)入力例
 a)利用用途にあった名称をお勧めします。(例:法律学科紹介ページ → law-shokai など)

(2)制限事項
 a) 文字数は2~16文字としてください(1文字はご遠慮ください)。
 b) 半角英数字と -(ハイフン)のみとしてください。
 c) hosei、eco、physなど、広く利用されている単語のみのURLはご遠慮ください。
 d) 姓、名のみのURLはご遠慮ください。
 e) 第一希望が通るとは限らないため、第二、第三希望もご記入ください。
 f) ***.ws.hosei.ac.jp 以外の任意のドメインをご希望の場合は、総合情報センター運営委員会の承認が必要となります。

2.既存のWebサイトのURLを引き継ぐ場合の制限事項

既存のURLをそのまま利用できる場合とできない場合があります。

2-1.既存のURLをそのまま利用できる場合

既存サイトから移行する方で、現在のURLがhttp://○○○.hosei.ac.jp の場合は、既存のURLを使用することができます。
ただし、データ移行終了後、DNSの切り替え設定が必要となります。

そのまま使用できるURLの例
キャンパスWebサーバのサブドメインを設定しているURLは、ドメイン単位で利用できます。
http://○○○.i.hosei.ac.jp
http://○○○.t.hosei.ac.jp
http://○○○.k.hosei.ac.jp


hosei.ac.jpのサブドメインを設定しているURLは、ドメイン単位で利用できます。


2-2.既存のURLをそのまま利用できない場合

現在のURLが http://○○○.hosei.ac.jp/ 以外のURLを使用している場合は、継続使用できず、新規URLとして、 http://○○○.ws.hosei.ac.jp/ となります。
移行後は、現行のURLにアクセスした訪問者に対して、URLが変更になったことの「メッセージ画面」を設定してください。

使用できないURLの例
キャンパスWebサーバにおいて、チルダのあるURLは、利用できません。
http://www.i.hosei.ac.jp/~xxxx/
http://www.k.hosei.ac.jp/~xxxx/
http://www.t.hosei.ac.jp/~xxxx/


ディレクトリ名を含むURLは、そのまま利用できません。
http://www.hosei.ac.jp/○○○/

hosei.ac.jp 以外のドメインを利用しているプロバイダ等のURLは、利用できません。
http://xxx.blog.livedoor.jp  
http://xxx.sakura.ne.jp  
http://xxx.asahi-net.or.jp





3.ご利用期間中のシステムアップデート

レンタルサーバは、セキュリティ強化を目的とし、以下のアップデートルールで運用されます。

アップデート対象ルール
各アプリケーション
(CMS,各利用者様で導入したソフトウェアなど)
利用者様ご自身でアップデート
ミドルウェア
(Apache,DB,Plesk,PHPなど)
事前に実施予定日を告知の上、強制的に実施
OS(Linux)事前に実施予定日を告知の上、強制的に実施

プランB 注意事項

CMS(アドオン含む)及び作成したコンテンツのセキュリティアップデートを利用者様自身にて行っていただきます。
セキュリティアップデートを実施していただけない場合、サービス利用停止の措置を実施することがあります。

CMSの脆弱性を狙ったマルウェア攻撃などからWebサイトやデータを保護するため、バージョンアップやパッチの更新にご協力ください。

アップデートにより、設定やカスタマイズが初期状態に戻ってしまうことがあるため、可能であればデータのバックアップを取得することをおすすめします。
ご不明な点がございましたら、以下の「全学ネットワークシステム・ユーザサポート窓口」までご相談ください。

全学ネットワークシステム・ユーザサポート窓口


プランC・プランD 注意事項

OS及びミドルウェアのセキュリティアップデートについては、事前に実施予定日を告知の上、強制的に実施します。
告知情報を見逃さないようにしていただき、必要に応じてデータのバックアップを取得してください。

また、利用者様ご自身で導入した各アプリケーションやソフトウェアは、プランBの利用者様同様、利用者様ご自身にてアップデートを行っていただきます。
アップデートを実施していただけない場合、サービス利用停止の措置を実施することがあります。

セキュリティリスクの放置を防ぐための措置となります。ご理解とご協力をお願いします。
ご不明な点がございましたら、以下の「全学ネットワークシステム・ユーザサポート窓口」までご相談ください。

全学ネットワークシステム・ユーザサポート窓口



4. ご利用上の注意事項

プランに関わらず、以下に該当すると判断された場合、利用停止措置を取ることがあります。

個人情報の公開など、利用目的を逸脱したコンテンツの公開
踏み台サーバやファイルサーバ代わりなど利用目的以外でのサーバの利用
著しく回線やCPUを圧迫するスクリプトを設置
脆弱性を持つ、または利用していない古いスクリプトの放置
セキュリティアップデートの未実施
注意勧告の無視

更新日時:2017年08月07日 09:00
ページTOPへ